入れ歯

入れ歯とは?

最も一般的な「失った歯を補う治療方法」です

失った歯を補う治療方法には色々なものがありますが、最も一般的なのが入れ歯です。入れ歯に対して「噛むと痛む」「ものが噛めない」「ぐらついたり、外れたりする」などのイメージをお持ちの方もおられるかもしれませんが、京都市右京区の岩本デンタルクリニックではできる限りそうしたトラブルが起こらない快適な入れ歯がご提供できるように努めています。

院長の父親は入れ歯の歯科技工士です

院長の父親は入れ歯の歯科技工士です

岩本デンタルクリニックの院長の父親は入れ歯の歯科技工士です。父親と息子の関係ですから、スムーズに意思疎通をはかることができ、より患者様のご希望が反映された入れ歯作りが可能になるものと思います。痛い・噛めない・ぐらつきなどの違和感が生じないように、患者様お一人おひとりのお口の状態や、生活スタイルに合った使い心地の良い入れ歯の作製を目指します。

入れ歯の特徴は?

幅広い症例に対応することが可能

インプラント治療の場合、患者様のお口の状態によっては適応とならない場合がありますが、入れ歯なら幅広い症例に対応することが可能です。

保険が適用となるので費用が抑えられる

入れ歯のうち、保険適用の入れ歯ならインプラント治療と比べて格段に費用が抑えられます。

治療期間が短い・修理しやすい

外科的処置が必要なインプラント治療と比べて治療期間が短く、入れ歯の種類によっては比較的容易に修理することが可能です。

違和感の少ない入れ歯もある

自費の入れ歯のうち「金属床入れ歯」であれば、薄く作製することができるので違和感を軽減させることが可能です。また、クラスプ(金属のバネ)を使用しない審美性の高い入れ歯もご用意しています。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは?

保険の入れ歯 自費の入れ歯
材料 使用できる材料が限られます 様々な材料の中から選べます
見た目 目立つ場合があります 自然な見た目にすることが可能です
違和感 痛みや喋りにくさなどの違和感が生じやすいです 薄く作製できるので違和感を軽減させることが可能です
噛み心地 硬いものがきちんと噛めない場合があります 保険の入れ歯と比べて良好な噛み心地を得ることが可能です
熱伝導 温度差はあまり感じられません 床部分に金属を使用することで、温度差が自然に感じられるようになります
修理 比較的容易に修理することが可能です 入れ歯の種類によっては修理が難しい場合があります

※表は左右にスクロールして確認することができます。

岩本デンタルクリニックの入れ歯の種類は?

金属床入れ歯

床部分に金属を使用した入れ歯です。薄く作製できるので違和感を軽減することが可能です。熱伝導率が高いので、食べ物の温度差が自然に感じられるようになり、食事が美味しく味わえます。

メリット
  • 薄く作製できるので違和感を軽減させることが可能
  • 熱伝導率が高いので食べ物の温度差が自然に感じられる
  • 丈夫なので壊れにくい
  • 汚れが付着しにくいので清潔に保ちやすい
  • 幅広い症例に対応可能
デメリット
  • 修理が難しい
  • 定期的に調整しなければいけない場合がある
  • 金属アレルギーの原因となる場合がある
費用
250,000円~(税抜)

ノンクラスプデンチャー

クラスプ(金属のバネ)を使用しない入れ歯です。入れ歯装着時の見た目が気になる方などにおすすめです。

メリット
  • 審美性が高い
  • 軽くて薄いので違和感が少ない
デメリット
  • 修理が難しい
  • 数年程度で作り直さなければいけないことが多い
  • 金属床入れ歯と比べて噛み心地が劣る場合がある
費用
100,000円~