詰め物・被せ物

  • HOME>
  • 詰め物・被せ物

セラミックの詰め物・被せ物とは?

見た目が自然で機能性の高い材料です

虫歯治療で歯を削った時、保険治療では銀歯などの金属の歯科材料を使って詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)を入れるのが一般的です。保険適用なので費用が抑えられますが、白い歯の中に銀歯があると目立ちますし、金属アレルギーといった健康面での問題もあります。

京都市右京区の岩本デンタルクリニックがおすすめするセラミックの詰め物・被せ物なら、天然歯に近い白さや透明感が出せるので見た目が自然ですし、耐久性や機能性が高いので、末永く快適にお使いいただくことが可能です。また金属を一切使用しないので金属アレルギーのリスクもありません。「白い歯を入れたい」とご希望の方や、現在、お口の中に銀歯があって口元の見た目でお悩みの方などは、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

銀歯にはどんなリスクが?

口元の審美性が行われる

ギラギラと金属色をした銀歯は、白い歯の中でとても目立ちます。そのため「人前で口を開けて笑えない」という方もおられます。

金属アレルギーの原因になる

経年劣化により銀歯が溶け出し体内に蓄積されることで、金属アレルギーの原因となる場合があります。

歯茎の黒ずみの原因になる

銀歯が溶けて歯茎に付着すると歯茎で黒ずみを起こる場合があります。

セラミックにはどんなメリットが?

見た目が自然できれい

セラミックは審美性の高い材料で、天然歯に近い白さや透明感が出せるので見た目が自然です。歯の色を気にすることなく食事や会話が楽しめるようになります。

歯にしっかりとフィットする

セラミックは適合性の高い材料ですので、歯にしっかりフィットして隙間を作りません。歯と詰め物・被せ物の間に隙間があると、そこから虫歯菌が侵入して虫歯の再発(二次カリエス)を起こすことがありますが、セラミックならこうしたリスクが低減できます。

なお、当クリニックではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使って、より適合性の高い詰め物・被せ物をご提供しています。

変色・汚れの付着が起こりにくい

セラミックには吸水性がありませんので、長期間使い続けてもほとんど変色しません。また表面が滑らかなので汚れが付着しにくく、きちんとケアすれば末永く快適にお使いいただくことが可能です。

金属アレルギーのリスクがない

一切金属を使用しませんので、金属アレルギーのリスクはありません。自然できれいな口元を作り上げるだけでなく、全身の健康を守ることにも繋がります。

質の高い詰め物・被せ物を作製するためには?

マイクロスコープを使って適合性を高めます

マイクロスコープを使って適合性を高めます

質の高い詰め物・被せ物をご提供するうえで、「歯との適合性」は欠かせない要素です。当クリニックではマイクロスコープを使って患部を数十倍に拡大し、肉眼やサージテル(拡大鏡)では見えない細部にもこだわって形成して、歯との適合性を高めるようにしています。

歯科技工士と密に連携して作製します

患者様がご希望になる歯の色や形は千差万別です。ご満足いただけるものをご提供するために、信頼のおける歯科技工所を選定し、実際に詰め物・被せ物を作製する歯科技工士と密に連携して治療を進めていきます。歯の色を決める際などには、歯科技工士が来院して実際に患者様のお口を見させていただくこともあります。この時、歯の色や形について歯科技工士へ直接相談できるので患者様も安心です。

岩本デンタルクリニックの詰め物・被せ物は?

ジルコニア

耐久性の高さが特徴の材料で、奥歯など噛む力が強い部分にも使用できます。ただし、歯を削る量が少し多くなるというデメリットがあります。

メリット
  • 耐久性が高いので、様々な部分で使用できる
  • 天然歯に近い白さと透明感が出せる
  • 金属不使用なので金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯を削る量が少し多い
  • 硬度が高いので噛み合う歯を傷つける恐れがある
費用
60,000円~(税抜)

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けて作製します。耐久性が高いのでほとんどの部分で使用できますが、内側に金属を使用するので金属アレルギーの原因となる場合があります。

メリット
  • 耐久性が高いので、様々な部分で使用できる
  • 色が自然で見た目がきれい
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 裏側から金属が見える場合がある
費用
85,000円(税抜)

ハイブリッドセラミックインレー

レジン(歯科用)とセラミックを混ぜ合わせた詰め物です。費用が抑えられますが、審美性や耐久性はセラミックより劣ります。

メリット
  • 費用が抑えられる
  • 硬度が天然歯に近いので噛み合わせる歯を傷つけにくい
  • 金属不使用なので金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 審美性や耐久性はセラミックより劣る
  • すり減る場合がある
  • 多少変色する場合がある
費用
35,000円(税抜)